社会福祉法人 修央会

news

今日は津軽三味線の演奏会でした。94歳のおばあちゃんが歌ってくれました。


今日は、津軽三味線の演奏会を食堂ホールで行いました。

皆さん楽しそうに演奏を聞いていました。

三味線を弾いてくれた人は、英昌会の初代会主原田英昌先生。

唄を歌ってくれた人は、東金みち子さん。

東金さんは、笑顔が優しい方で現在「94歳」です。今まで40年間、三味線を続けているそうです。

昨年脳梗塞になりましたが、三味線や、唄をやりたいがために、リハビリをがんばり、ドクターも驚く回復力だったそうです。

治った今も三味線や唄を続けられていて、皆さんに唄を届けています。

「94歳」とは思えない程声が大きくて綺麗でした。

参加者の皆さんは、最後盛大な拍手をされていて満面の笑みを浮かべていました。

講師の先生もとても楽しそうでした。

三味線の音色もとても綺麗で素晴らしかったです。

私も聞いていましたが、とても感動しました。

福寿荘 介護職 中川希未

 

 
Scroll Up